<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
<恋するプチジュエリー展>
f0083904_20365731.jpg

<恋するプチジュエリー展>
+LUXE handmade jewelry
2013年3月27日(水)〜 4月23日(火)

春の窓辺は+LUXE handmade jewelryさんのプチジュエリー展です
1月〜12月の誕生石を使ったプチジュエリーが沢山届きました〜♪
上質で可憐な輝きを放つ天然石を散りばめたり
カラフルなお花との組み合わせも可愛いピアス
一粒でシンプルなプチネックレス
誕生月で選んだり
色で選んだり
石が持つメッセージで選んだり
幸せ色を身に纏い
小さな小さなお守りでHAPPYな毎日を♪

ホント、どれも色がキレイ!
お花のピアスもイロトリドリで華やかです

これから暖かくなり、お洋服も軽くなる季節はアクセサリーも映えます
お出かけやお仕事、様々なシーンにもピッタリです

是非、身につけるだけで幸せ感じる、とびきりのジュエリーを見つけにいらしてくださ〜い。

***金属部分には14fgを使い、金属アレルギーの方にも安心してお使い頂けます。
一部、ピアスからイヤリングへの交換も承ります。(イヤリングは14fgではありません)***
[PR]
by sandwich-hug | 2013-03-27 21:07 | hug(kyoto)
10周年 ありがとうございました!
2003年3月2日
神戸は栄町にある榮町ビルディングの3階でhugはスタートしました。
その前に半年くらい前職の事務所兼、土日だけ営業のお店をしていたんだけど、上司が事務所を移すからお店をやりたければ、この場所で続けていいよとの事で運良く与えられた場所でもありました。
きっかけはホント運がよかっただけ。
(実はそれほど雑貨好きでもなかったような気もします(笑)
でも、手作りの他にはない特別なものは好きでした。
そんな特別なものと出会う瞬間も好きでした。もちろん、今も好き。)

それからの8年も運だけと言っても過言じゃないくらい、人との出会いをはじめ、いろんな事に恵まれていたなぁと思います。
運だけで来ちゃったもんだから、恵まれ過ぎていたもんだから、
傲慢になってしまったり、大切なものが見えなくなってしまったり、感じられなくなってしまったり、このままでいいのか?なんていろいろ、いろいろ考える事も多くなったり。
なんだろう・・・
とりあえず、いろんな事を変えたかったし、自分も変わりたかった。

9年目を迎える2011年3月3日に京都に移転しました。
『なんで京都に?』と聞かれる事もありますが、京都は私の出身地なのです。
お店の事、自分の事、これからの事、いろんな思いが重なって、今は京都なのです。
神戸の運だけでやって来れた8年間も、京都ではゼロでは無いけど、ほぼ1からのスタートです。
いろんな事が神戸とは違って、厳しさもあり、楽しさもあり、人生山あり谷ありの毎日です(笑)
そんな山あり谷ありで、京都も3年目。
自分が本当にやりたいことをちゃんとやって行かねばならない、やってみよう!という気持ちが日に日に大きくなる、そんな京都です。

10年は振り返るとあっという間でした。自分も10個、歳をとりました。
幼稚園生だった作家さんのお子さんが中学生です。
そう思うと、10年という月日はすごいなぁと思います。
10年も続ける事が出来たのはお客様、作家さん、友達、家族、私とhugに関わってくださった皆さんのおかげです。
心から感謝いたします。

そして、先日に迎えた10周年。
f0083904_2310382.jpg京都で10周年もピンとこなかったので、
ここはhugが始まった神戸でしょ!ってことで、
それも榮町ビルでしょ!ってことで、
spacemothさんのギャラリーをお借りして、
<10周年は出戻りの3日間> hug 3days shopを開催しました!
ギャラリーが今の京都の店と同じ4階だったので、ハリキッテ京都から看板も運びました(笑)
写真のこの風景、懐かしいですね〜。
当時は看板はここに置いてませんでしたが。
土日や連休などは、この1階の裏口へ続く廊下が『ここは歩道か!』ってくらいに人が行き交うんですよ(笑)
さすがですね〜。榮町ビルディング。でも、普通の事務所や歯医者さんもあるんです。

f0083904_23292555.jpg初日、オープン前から待っていてくださるお客さまもいてくださったり、連日、懐かしいお客様や作家さん、近所のお店の方、友達、偶然のお客様、本当に本当に沢山の方にお越し頂きました。
バタバタで、せっかくお越しいただいたのにゆっくりお話も出来なかった皆さん、本当にごめんなさい!!!
限定ショップカードも喜んで頂けてよかった(笑)

f0083904_23322830.jpgとてもかわいいスペースで、京都とは少しだけ雰囲気も違って、でも、私には入り口のドアや壁の白さや光の具合が懐かしくて嬉しいお部屋でした。
作家さんの作品も可愛く、素敵にディスプレイできました♪
嬉しい事に沢山の作品が旅立ってゆき、壁面はコロコロと模様替えをしたり。
皆さんの楽しそうな声やお顔がとても嬉しい3日間でした。
『戻ってくれば?』なんて有り難いお言葉もかけて頂きました。
ホント、そんな風に言って貰えて光栄です。
とりあえずは、まだしばらくは京都でがんばります。
京都に移った時に、引っ越しの面倒くささから、「もう、移転なんかしない」なんて思いました。
時々、私は何歳まで店頭に立てるのかな?とか考えます。
時々、こんな小さな雑貨店って要るのかな?なんて思う事もあります。
私もまだまだやりたい事が沢山あります。
もしかしたら、店ではない、別の新しい事に出会うかもしれない。
人生に『絶対』って無いと思っているのですが、この先に何が起こるか分かりませんが、
縁がある限り、hugを続けたいと思います。

いつか、hugが無くなった時に
ふと『そういえば、あんな店、あったよね。楽しかったな』って思い出してもらえると嬉しい。
私自身もそんな、ふと思い出すお店があります。
『楽しかったなぁ。好きだったなぁ』って、自分にとって特別なお店。
沢山あるお店の中で、『そういえば、あったよね』でいいから、記憶の片隅に残るお店。
そんなお店になれたらいいな。
そんなお店になれるよう、もうしばらくがんばってみようと思います。
これからもよろしくお願いします。

京都にも是非、お越し下さいませ。


f0083904_23435770.jpg沢山のお花やお菓子などの差し入れもありがとうございました。
連日、美味しく頂きました♪
お花も、今もお店で飾らせて頂いています。
[PR]
by sandwich-hug | 2013-03-21 00:59 | hug(kyoto)