ワークショップレポート
昨日、2月13日(土)にhug店内で開催されましたワークショップのレポートを♪
『手のひらサイズの春をつくる』
造花やレース、リボン、ボタンやチャーム、お好きな物を組み合わせて簡単なコサージュを作りました。

f0083904_18435847.jpg今回の講師はこの方。
PhysicalDropのデザイナーKATOさん。
配置や色のバランス、素材の扱い方まで丁寧に教えてくださいました。
あれ?KATOさん。
髪についているのはhugで販売しているピンクッションではありませんかー!?(笑)
ピンクッションとしてもご愛用頂いていますが、ヘアゴムとしても気に入ってくださっているそうです。
ありがとうございます〜♪

f0083904_1850171.jpgさて。
今回はコサージュの他にシューズクリップやバッグチャーム、リースなど、いろんな土台をご用意下さいました。
作りたいアイテムが決まったら、使いたい素材をあれもコレもとお好きなだけ選んで頂きます。
造花も大きいのから小さくて可愛いサイズまでいろいろあって迷ってしまいます。


f0083904_18563163.jpgこちら、私が参加した時のもの。
アレもコレもとバランスのイメージなど関係なく、
とにかく可愛い!使いたい!!というものをモリモリとピックアップ(笑)
この後、作りたいアイテムと使いたい造花のバランスが悪いと大きなお花は却下されました・・・(笑)

f0083904_1901033.jpgだいたいのイメージで大まかな配置を決めます。
足りない所には木の実や果物のピックやパールやボタンなどを加えてバランス良く。
リボンやレースでボリュームも出したり。
あとはホットボンド(グルーガン)で土台に選んだ素材を接着するだけ。
チャームなどは針と糸を使うとユラユラと揺れて動きがでるので、それもお好みで。

f0083904_1963365.jpgはい、完成です。
それぞれ、参加の皆さんの個性が出ています。
リボンを重ねてつけたり、大きさや色の違うお花で全体のまとまり感をだしたり、
ちらりと見え隠れするチャームも可愛いですね。
いつも買う感じのものとは違った雰囲気の作品に仕上がったり、
この手のひらのサイズの作品で自身の女子力がはかれたり(笑)


f0083904_19112056.jpg「なんかもの足りない!」との声に、「コレをちょこっとつけてみては?」「色を変えてはみては?」など
的確なアドバイスで作業はスムーズに進みます。
約2時間のワークショップでしたが、時間に余裕がある方は2個目も。
ちょっとしたコツを覚えれば、素材や色選び、配置もすんなりと決まり、
2個目はあっという間に完成していました。
短時間で、簡単に可愛い作品が作れると、皆さんには楽しんで頂けたようで良かったです!


f0083904_19212015.jpgそして・・・
誰よりも楽しんだのはこの私かもしれません(笑)
このワークショップの話が出たときに『欲しいの!作りたいの!!』と熱烈リクエストしたシューズクリップ♪
お花の色も添えたフルーツも大好きなウサギのチャームも本当に可愛い!
大満足です〜。
そして、欲張りな私はもちろん2個目にも。
バッグの中で鍵を探す事が多いので、鍵をつけることができるバッグチャームを。
こちらは本当は一番大きなお花を使いたかったのですが、
それだと、お花1個で十分だね、いろいろ付けれないわ・・・と悩んでいたら、
KATOさんが手持ちの生地やボタン使ったら?とー!
作業場と店舗を兼ねているので何でもありますとも!
とお気に入りのボタンやハギレを使わせて頂きました!
こちらも完璧に私の好みに仕上がりました!


京都に移転してきて、初めて開催するワークショップ
どうしても店内が狭くなってしまうのですが、(これは今後、配置などを考えて・・・)
また、定期的にいろんなワークショップを開催できればと考えています。
今回のように作るアイテムが決まっているものや、『なにかつくってみたいんだけど、なにがつくれるかわからない』なんて方にも、<まずは手を動かしてみましょう!>とそんな時間を提案できるワークショップもしてみたいですね。
リメイクなんかも楽しそうですね。
リクエストもお待ちしております!
今後のワークショップの開催が決まりましたら、お知らせしますね。
気になる会がありましたら、是非、ご参加くださいませ!

今回、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by sandwich-hug | 2016-02-14 20:00 | hug(kyoto)
<< レンタルラックを始めます。 『手のひらサイズの春をつくる』 >>