辻恵子・ミニ展覧会「切り抜き」
f0083904_19524389.jpg
3月も後半に差し掛かり、桜の季節ももうすぐでしょうか。
そして、桜前線がジワジワと北上している頃、(きっと)青葉が眩しい京都。
そんな季節に目が離せなくなる展覧会をhug店内の眩しい窓辺で開催いたします。

辻恵子・ミニ展覧会「切り抜き」

2012年4月17日(火)〜5月20日(日)

東京を拠点に活動する辻恵子さんのミニ展覧会。
印刷物などの色を活かし、ハサミで一筆書きのように人物像を切り出す独自の切り絵作品を発表。
絵本や装幀画なども手がける。
今回は小作品を中心に約12点を展示、絵本や絵葉書なども並びます!

辻恵子さんについてはこちら

念願です!念願です!!
辻さんの作品を初めて見たとき、『ん?・・・!なに、これ!!!!!こんなの初めてみた!』
とビックリなんて言葉じゃ足りない。
それ以来、何度も『またまた、なんて事を!』なんて衝撃が繰り返され、その度に『1度で良いから、辻さんの頭の中を見てみたい!もしくは目になりたい、脳になりたい』と思った事でしょうか(笑)
そして、去年の夏に長野県は安曇野で開催された展覧会に行く事ができ、久しぶりに生で作品を拝見いたしました。
衝撃は更に大きく、もう・・・ドーン、ズーン。 
安曇野のわさび園の水車のごとく、私の心も頭もグルングルンとまわって・・・
会場に展示されている作品を行ったり来たりして、何度も何度も食い入るように見ました。
ずっと、見ていたい。
私の周りにいる人たちにもこの気持ちを味わってほしい、楽しんでほしい!
そんな気持ちがあふれて、溺れそうになって、今回の展覧会への運びとなりました。
・・・って、こうやって書いてていても、きっと、上手く伝えられていない気がします。
もう、本当に見てもらうしか無いんです。
私、上手く説明が出来ない・・・
心と頭がドーン、ズーーンってするんです。
瞬きを忘れて、目がチカチカなるんです。

たくさんの方に見てもらいたいので、何度も見に来て頂きたいので、会期は約1ヶ月。
期間中にはGWもあります。
京都では久しぶりの展覧会だそうです。
この機会に、是非に、是非に!

今回ばかりは本当に上手く説明が出来ません。
『こんな私でごめんなさい』をひゃくまんかい。

皆様のお越しをお待ちしております。
もうすぐ、京阪神でDMを配布します。
見かけられた方は、お持ち帰りくださ〜い。
[PR]
by sandwich-hug | 2012-03-24 20:42 | hug(kyoto)
<< WAKKU WAKU?なお財布たち 食べました。 >>